月別: 2019年1月

未分類

緋色の玉座

これは所謂ユスティニアヌス帝時代の東ローマ帝国(ビザンツ帝国)を舞台とする、角川スニーカー文庫の小説です。 主人公ベリサリウス・その参謀として登場する書記官プロコピウスなど、史実上の人物が主たる登場人物ですが、想定読者層を考慮してベリス・プロックスなど愛称で記述され、会話も比較的砕けた調子にし、史実ものという(堅苦しい)イメージが強くなり過ぎないような配慮がされています。 しかしながら話の核となるのはやはり史実を基にした物語であり、また会話の所々に古代ローマ史上の事件や戦役・人物・名著などの情報が散りばめ... Read More

Read More