未分類

『シンデレラ・ティース』

歯医者さんを舞台にした日常系ミステリーです。 主人公は、幼い頃のトラウマで、歯医者さんが大の苦手のサキ。 しかし、母親の策略で、夏休みに歯医者さんの受付アルバイトをすることになってしまいます。 初めはビビっていたサキですが、個性豊かで優しいスタッフの皆に囲まれ、次第に溶け込んでいきます。 クリニックに持ち込まれるのは、虫歯だけでなく、患者さんの心に隠された秘密もありました――。 どんなに丁寧に接客しても怒る患者さん、毎回遅刻してくる患者さん、彼氏との旅行を頑なに避け続ける女性……。 これらの謎を、歯医者さ... Read More

Read More
未分類

J.D.SalingerのNine Stories

J.D.SalingerのNine Storiesについて解説します。サリンジャーと言えば、「ライ麦畑で捕まえて」が代表作品でありますが、9つの短編小説の中に、サリンジャーの心の変化、観点等の相違、考え方の表れを的確に描写しています。 まず、代表作品となるのが、「青の時代」、「緑の目元」、等がありますが、これらの作品は、サリンジャー自身の青春時代を描写している作品であると思われます。当時、Newyork Timesに彼の作品が掲載された時は、大好評であったと言われてますが、それは、第二次世界大戦が終結した... Read More

Read More
未分類

『小説家と過ごす日曜日』

本書は、作家・石田衣良さんのメールマガジンの第1回~第12回が抜粋してまとめられたものです。 エッセイや書評、ショートショート、お悩み相談、しくじり美女たちのためになる夜話などが掲載されています。 私はこの一冊を読むだけで、スマホ依存について考え、川端康成の一生を学び、面白いSFやライトノベルについて知り、中国や沖縄について考えるようになりました。 要するに、世の中のトレンドや歴史についてまで詳しくなれちゃうお得なエッセイという感じでした。 メルマガ、本気で購読したくなりましたよ~!! 特に面白かったのは... Read More

Read More
未分類

目から鱗のビジネス書

私が最近読んで非常に面白かった本は『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい 人生100年時代の個人M&A入門』です。脱サラや起業についてのビジネス書は毎年多くの新刊が世に出てきますが、内容的には「こうすればうまくいく」程度の似たり寄ったりの本が多く、そのうち1冊を読めば他は読まなくてもいいと思うような感じです。しかし、この本は、全く違う切り口での脱サラ・起業を指南する非常に新鮮で読み応えのある一冊です。 脱サラ・起業で飲食店の開業を目指す方は多いと思うのですが、この本では「飲食店は絶対に... Read More

Read More
未分類

『黒い結婚 白い結婚』

結婚は、墓場か、楽園か――。 本書は結婚をテーマに描かれた7人の作家が競作したアンソロジーです。 「黒い結婚篇」と「白い結婚篇」にわかれています。 個人的には結婚はグレーなんだろうなあと思いつつ、黒い結婚篇にも白い結婚篇にも共感する部分があり、一気に読み終えました。 特に印象に残ったお話は、窪美澄さん作の「水際の金魚」です。 別に好きではなかった人と、「相手は社会的地位があるし、結婚すれば、既婚者だと胸を張ることができる」という理由で結婚した40歳手前の女性の話です。 こういう一見「ずるい」と思われるかも... Read More

Read More
未分類

「ふつう」とは何か。

『夫のちんぽが入らない』そんなタイトルありなんだ、とまず衝撃を受けました。印象に残るタイトルの本は多々ある中で、これは別格で本屋さんで手に取るのすらためらうタイトルでした。当初ハードカバーで出た際にはSNSやネットのニュースなどでも取り上げられており、タイトルも含め気になる一冊でした。この秋に文庫化され、本屋に平積みになっていたことからも手に取りやすく、思い切って購入しました。 内容は、筆者のこだまさんの私小説です。彼女が大学生になり閉鎖的な地元から飛び出し、大学近くの古いアパートで独り暮らしを始めるとこ... Read More

Read More
未分類

『20万円以上稼げるようになるための強化書』は古本でもいいから読んでみて

ランサーズ出身ライターなつみとさん(吉見夏実さん)のビジネス書は大変参考になります。 とくにクラウドソーシングでライターをやっていきたい人には、必読といえるでしょう。 「役に立った」と思えた点をいくつかまとめてみたいと思います。 ■クライアントとの付き合い方がわかる 初めてクラウドソーシングをやる時には、ひとりきりでクライアントと接するため、判断に迷うことがよくあります。 こんなことを書いて怒られないだろうか。 こんなものを提出して大丈夫なんだろうか。 この本を読むと「クライアントも私たちと同じ、一人の人... Read More

Read More